Tendo
日本人と木の長い歴史と今を重ねて
見えてきた新しい木との向き合い方。
キーワードは3つのRestでした。

私たちが暮らす日本は、国土の67%が森林に覆われています。
「森を育て、森の恵みによって生かされる」
森との共生は、古くから日本人に受け継がれてきた暮らしの知恵でした。
しかし現在の日本の森林は、木材輸入の自由化や林業の低迷など、
様々な要因によって危機に瀕しています。
この状況に対し、天童木工に出来ることは何か?
その答えは、日本各地に残る(Rest)スギやヒノキなどの針葉樹を
その安らぎ(Rest)をもたらす優れた性質の生きた家具にすることで、
休憩(Rest)している森林や林業に活気を取り戻すことでした。

圧密加工

針葉樹林を地産財に変える
圧密加工×成形合板の技術

スギやヒノキをはじめとする針葉樹は
主に柱やフローリングの材料として利用されています。
しかし木材自体が軟らかく傷つきやすいため
表面材などに使う場合は、高圧/高温でプレスし、
強度・硬度を上げる必要があります。
これを圧密加工と言い建築材分野では一般的な技術です。
この技術は軟質針葉樹の可能性を大きく拡げましたが
一方で、節目が大きくつぶれ、
表面も黒く焦げてしまうという問題がありました。
強度を優先すれば、大ぶりで重鈍な家具になる、
本来の木目を生かしたデザインも
犠牲にしなければならないなど、
強度とデザイン性の課題がありました。
課題解決の糸口になったのは圧密加工の方法でした。
従来のプレス機を用いて高圧/高温で
“押し潰す”ような加工ではなく、
ローラーを通して薄く延ばしながら強度を出す方法へ。
独自のローラー圧密機を開発し、
スギの丸太から40~50%まで圧密化した
単板をつくりだすことに成功。
長年磨き続けてきた、天童木工のコア技術である成形合板と
独自の圧密加工法を得ることで、
広葉樹と同等の強度を保ちながら、
表面を焦がすことなく デザイン性に富んだ家具づくりに成功しました。
美しい家具を生み出す技術「Roll Press Wood」の開発は、
軟質針葉樹の可能性を大きく拡げました。

圧密加工
圧密加工
【林野庁HP】統計情報 森林資源の現況
(平成24年3月31日現在)

間伐というメンテナンスが
必要な日本の森林

日本の森林面積の約4割は、
将来の木材利用を見込んで植えられた人工林です。
主に生長が早く、建築資材として使えるスギや
ヒノキなどの針葉樹が植林されました。
戦後復興期に植林された針葉樹の多くは、
現在、輸入材の増加や住宅着工数の減少などにより、
手つかずのまま放置されています。
手入れされない森では、木の生長が阻害されるほか、
大雨などにより土砂災害が起こりやすくなるため、
森林を健全に保つ間伐が必要となります。

成形合板

天童木工の
変わらぬ家具へのこだわり

家具の材料として軟らかさが大きな障害となっていた
スギやヒノキなどの針葉樹。
その欠点を補い、高い強度をもった家具を実現するのが
天童木工が長年に渡って錬磨し続けてきた成形合板の技術です。
ロールプレスで理想的な厚さに圧密加工された針葉樹の単板を
従来の成形合板と同様に接着剤を塗布し何枚も重ね合わせた上で
治具で加圧・加熱することで家具としての使用に耐えうる
十分な強度を得ることができました。
成形合板の技術はデザイン面でも大きなアドバンテージとなりました。
単板を重ね合わせて圧締し形状維持を図っているため
針葉樹が苦手としていた繊細な曲線を描くデザインも可能です。
十分な強度と自由度の高いデザインの両立。
たとえ樹種が変わってもプロダクトをお客様に長く使っていただくために
天童木工が大切にしてきたこだわりに変わりありません。
創業以来、木にこだわり、木とともに歩んできた私たち天童木工が
日本の森林が活き活きとした姿を取り戻すために貢献できること
それはスギやヒノキの針葉樹を使った
次の世代に受け継がれるような優れた家具を作り続けることで
今となっては日本人から離れてしまった針葉樹のある暮らしを
もう一度、身近な暮らしとして根付かせることではないかと考えています。

休憩中の森林を利用し
地元の人・街に愛される
地産・地消の家具作りを
サポートします。

天童木工は古くから建築家や設計事務所との
コラボレーションを数多く手掛けています。
庁舎や議場をはじめ、空港、ホール、旅館など
大小様々な施設に対応できるノウハウがあります。
この経験を生かし、
地元で採れたスギやヒノキを
地元の施設の家具として使用する
“木材の地産地消”に取り組みます。
木材の地産地消は
日本の各地にある手つかずの針葉樹林に
新たな出番を与えるキーワードです。
身近な山で育った木を、家具として利用する。
これは古来から日本人が行ってきた
木との共生に通じる考え方とも言えます。
地元で休憩中の木を、
優れた家具として地元に里帰りさせる。
天童木工は、地産地消の家具づくりをサポートします。

【国見町役場】ジェイアール東日本建築設計事務所
【富山市立図書館】隈健吾建築都市設計事務所
撮影/ KAI NAKAMURA PHOTOGRAPHY
【山形駅 待合室】

ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞受賞

日本の森を想う、ものづくりを

平成27年11月、天童木工が研究開発に取組んできた、
針葉樹の圧密成形加工技術が「第6回ものづくり日本大賞」
内閣総理大臣賞(製品・技術開発部門)を受賞しました。
ものづくり日本大賞「製品・技術開発」部門の内閣総理大臣賞は、
高度な技術的課題を克服し、従来にない画期的な製品・部品や
素材等の開発・実用化を実現させた個人又はグループを
表彰するものです。
受賞にあたり、「成形合板のパイオニアとしての技術を生かし、
圧密加工との合わせ技により、家具用材として利用が困難とされてきた
スギ、ヒノキ等の軟質針葉樹を高品質な家具として量産できる
製造方法を開発。
針葉樹の圧密成形加工技術の実用化は世界初であり、
曲げに弱い針葉樹を自由な曲線に加工可能になったことにより、
人工林の間伐材利用が活性化され、森林環境の改善、
針葉樹の需要拡大、木材の地産地消の活性化への貢献に期待する」との
評価をいただきました。
今回の受賞を励みに、今後も、お客様に喜んでいただける、
美しく高い品質の家具・木製品の製造・技術開発に、
更なる努力を重ねていきます。

[ 受賞概要 ]
業績名: 軟質針葉樹の圧密成形加工技術開発
実用化及び家具用材への利用拡大
受賞者: 常務取締役製造本部長 西塚 直臣
製造部次長兼技術課課長 佐藤 恵治
製造部資材課課長 小野 慎一
製造部技術課班長 中田 一浩
製造部技術課 滝口 寿郎
天童木工本社・ショールーム
住所 〒994-8601
山形県天童市乱川1-3-10
TEL 023-653-3121(代表)
E-mail info@tendo-mokko.co.jp
東京支店・ショールーム
住所 〒105-0013
東京都港区浜松町1-19-2
TEL 03-3432-0401(代表)
E-mail t-tokyo@tendo-mokko.co.jp
大阪支店・ショールーム
住所 〒550-0015
大阪市西区南堀江2-13-28
TEL 06-6531-4131(代表)
E-mail t-osaka@tendo-mokko.co.jp
東北支店
住所 〒994-8601
山形県天童市乱川1-3-10
TEL 023-654-9005(代表)
E-mail t-tohoku@tendo-mokko.co.jp
福岡営業所
住所 〒810-0022
福岡市中央区薬院3-12-41
TEL 092-534-7070(代表)
E-mail t-fukuoka@tendo-mokko.co.jp
◎ショールームを除き、
土・日曜・祝祭日は休ませていただきます。