Tendo

「目は、明日の生活環境をみつめ、
手は、限りなく技術の可能性をもとめ、
心は、昔ながらの職人気質をまもる。」
この一文は創業30年目の1970年(昭和45年)発行の
当社のカタログに記されたスローガンです。
それから半世紀。2020年に創業から80年となる
今も変わらず、この想いは天童木工に生き続けています。
終戦後、洋家具との出会いからデザインの重要性を学び
反対の声が多い中、成形合板の時代が来ると信じて
日本でいち早くこの技術を取り入れました。
そして、丹下健三、剣持勇、柳宗理といった
日本を代表する建築家やデザイナーとの仕事を通じ
丈夫で美しい木製の家具が、人々の心をときめかせ
暮らしを豊かにできることを知りました。
さらに、成形合板技術を磨き続けながら
複雑な曲面を美しく仕上げる「3次元プレス成形」や
これまで家具に不向きとされていたスギやヒノキから
丈夫で美しい家具を生み出す「Roll Press Wood」
難燃性や耐候性、防腐・防蟻性といった
さまざまな機能を木材に付加する「圧密浸漬処理」など
新技術の開発にも積極的に取り組んできました。
木材の可能性を引き出し、新たな価値を生み出す。
それは、80年前の創業当初から家具づくりを通じて
木と真剣に向き合ってきた、私たち天童木工の使命です。
斬新な発想や生活様式の変化、価値観の多様化に対し
素材の追求と職人の技術でこれからも挑戦し続けます。
伝統とともに未来へ歩む 天童木工

80yers